低濃度オゾン除菌消臭器オゾネオ

オゾンとは

オゾン(Ozone)は、ギリシャ語の「Ozein(臭う)」を語源とする特有の臭いを持った気体です。分子記号ではO3と表記し、自然界においては、大気中の酸素(O2)に太陽の紫外線が作用することで生成されます。

オゾンというと、地球の上空20~30km付近に存在している「オゾン層」がよく知られ、その濃度は10~20ppmと考えられています。オゾンは上空に限らず、私たちが生活している地上付近においても、太陽の紫外線による作用で生成されている身近な存在です。その濃度は、都市部で0.005ppm程度、晴天時の海岸や森林で0.02~0.05ppm程度と言われています。
下の表は、オゾンが人体に与える影響度と生活・労働環境における基準値を濃度別に示したものです。

濃度(ppm) 人体への影響度
0.01 敏感な人がオゾン臭を感じる 安全とされる濃度
0.02 多少のオゾン臭を感じる(やがて慣れる)
0.05 室内での許容濃度平均値(日本空気清浄協会)
<オゾネオのオゾン濃度>
0.06 光化学オキシダントの環境基準濃度(環境省)
0.1 明らかなオゾン臭を感じる
室内での許容濃度最大値(日本空気清浄協会)
労働環境における許容濃度(日本産業衛生学会)
状況によりオゾンの影響を受ける濃度
0.2~0.5 3~6時間の曝露で視覚の低下が認められる 明らかに人体への有害な作用を及ぼす濃度
0.5 上気道に明らかな刺激を感じる
1.0~2.0 2時間の曝露で頭痛、胸痛など

出典:オゾンハンドブック他

「オゾネオ」で発生する低濃度のオゾンは、推奨適用空間において上表の「室内での許容濃度平均値」に該当する0.05ppm以下の濃度です。(0.5回/h 換気試験条件

  • 改正建築基準法(H15.7.1施行)住居居室の換気基準による。
    換気扇などを1時間動かしたとき、居室の空気の半分(0.5)が外の空気と入れ替わること。

オゾンは、菌やウイルス、臭いの分子などと反応すると酸素に戻ります。
また、反応しなかったオゾンも、時間が経過すると自ら酸素に戻る性質があるので、低濃度オゾンを発生させ続けても、濃度が無制限に上昇し続けることはありません。しかしながら、室内のような限られた空間では、オゾンの濃度は人体への影響度を考慮した値にする必要があります。
当社では、製品ごとに推奨適用空間に合わせたオゾン発生量となるよう設計しており、第三者機関によるオゾン濃度測定を実施することで、適用空間でのオゾン濃度が適正なレベルであることを確認しています。