BD/iV NAVI

  • BD/iV NAVI Top
iV基礎講座
iV FAQ デジタル放送FAQ
iV基礎講座 Index 新時代のハイビジョンメディア「iV(アイヴィ)」がやってきた! 「iV(アイヴィ)」から始まるハイビジョン生活 パソコンのシステムアップにも!
「iV(アイヴィ)」から始まるハイビジョン生活
家族一人ひとりの専用録画メディアに
 それではマクセルのカセットハードディスク「iV」の具体的な活用シーンをご紹介しましょう。まず最初は、もっとも基本的な録画メディアとしての活用方法です。マクセルのiVDRスロット搭載ブルーレイディスクレコーダー「アイヴィブルー」や、iVDRスロット内蔵のデジタルテレビに、iVを装着すればOK。これでハイビジョン番組の録画・再生が楽しめるようになります。
 もちろん、これだけでは通常のレコーダーやハードディスク内蔵テレビと変わりありませんが、iVの特長は先にも述べた通り、取り外しも自由自在なところ。もし容量が一杯になってしまっても、また新しいカセットカートリッジを装着するだけで良いのです。せっかく録画した番組を消去して空き容量を確保したりする必要はありません。家族一人ひとりが自分専用のアイヴィを持っておけば、誰にも遠慮することなく好きな番組を好きなだけ録画できます。
家族一人ひとりの専用録画メディアに
 
リビングルームで録画した番組を自分の部屋で再生
 レコーダーに録画しておいた番組を見ようと思ったのに、家族がテレビを使っているので見られない。こんな経験のある方はおられませんか? 前のページでもご紹介した通り、iVに録画した番組は他のiVDR対応機器でも再生することができます。従って、こうした場合も、レコーダーからiVを取り出して、自室のiVDRスロット内蔵テレビやマクセルの「iVプレーヤー」に装着すれば問題は解決。他の人のジャマをすることなく、録画した番組を楽しめます。
リビングルームで録画した番組を自分の部屋で再生
 
ハイビジョンダビング/ムーブにも対応
 ハードディスクとiVDRスロットを両方備えているテレビであれば、内蔵ハードディスクとiV間でハイビジョン番組をダビング/ムーブすることができます。ハードディスク to ハードディスクでのデータコピーなので、スピードも非常に高速。大容量ハイビジョン番組のダビングも、短時間で終わらせることができます。
 また、もう一つ見逃せないのが、コピーワンスの番組などをムーブする場合です。DVD/ブルーレイディスクの場合は、一度ムーブした番組はそのまま動かせなくなりますが、iVならムーブした番組をもう一度内蔵ハードディスクに戻すことができます。
※日立ハイビジョンプラズマ/液晶テレビWoooの内蔵ハードディスクは「ダビング10」に対応しています。
※iVDRに直接録画した場合、ダビングはムーブとなります。
ハイビジョンダビング/ムーブにも対応
 
あのスカパー!プレミアムサービスが録れる、楽しめる。
あのスカパー!プレミアムサービスが録れる、楽しめる。
「スカパー! プレミアムサービスLink」(録画)対応
 映画やスポーツ、ドラマなど、およそ270チャンネルで番組を提供するスカパー! プレミアムサービスのデジタル録画に対応。ハイビジョン番組はハイビジョン画質で、標準画質番組は標準画質で録画できます。
あのスカパー!プレミアムサービスが録れる、楽しめる。
※1 スカパー! プレミアムサービスのチューナーと視聴契約が必要です。
※2 内蔵ハードディスクにのみ直接録画が可能です。内蔵ハードディスクからiVDRまたは ブルーレイディスクへのムーブは可能です。
※3 内蔵ハードディスク、iVDRとも直接録画が可能です。
 
対応機器・録画時間はこちら >>
ご購入はこちら >>

ページトップへ戻る

MAXELL NAVI