BD/iV NAVI

  • BD/iV NAVI Top
iV基礎講座
iV FAQ デジタル放送FAQ
iV基礎講座 Index 新時代のハイビジョンメディア「iV(アイヴィ)」がやってきた! 「iV(アイヴィ)」から始まるハイビジョン生活 パソコンのシステムアップにも!
新時代のハイビジョンメディア「iV(アイヴィ)」がやってきた!
ハイビジョン録画にはカセットハードディスクが便利
 「録画したいハイビジョン番組がたくさんありすぎて、すぐにハードディスクが足りなくなってしまう」「録画した番組を持ち運んで、他の機器でも手軽に再生できたらいいのに」こんな悩みを解消してくれるのが、記録メディア「iVDR」です。
 iVDRの最大の特長は、データ記録用のデバイスにハードディスクを採用している点にあります。デジタルレコーダーやパソコンなどでも利用されている通り、ハードディスクは大容量データを記録するのに便利なアイテム。高画質なハイビジョン番組も、そのままのクオリティで思う存分録画できます。
 しかもiVDRは、このハードディスクを、コンパクトなカセットカートリッジに内蔵。iVDR対応機器にそのままポンと装着するだけで、すぐに使えるようになっています。もちろん、取り外しも簡単ですので、他の記録メディアと同じように持ち運んで使うことも可能。大容量と取り扱いの手軽さを両立させています。つまり、レコーダー内蔵ハードディスクと、光ディスクの「良いとこ取り」をしたような記録メディアなのです。
ハイビジョン録画にはカセットハードディスクが便利
ハードディスク内蔵でありながら、DVD/ブルーレイディスクなどと同じように持ち運んで使える「iVDR」。大容量と取り扱いの手軽さを両立させている。
 
コンテンツ保護技術に対応。国際標準規格だから互換性・将来性もバッチリ
 DVD/ブルーレイディスクにもデータ用と録画用があるように、iVDRにも2種類のタイプが用意されています。一つはデータ記録用などに使用する「iVDR」、もう一つはハイビジョン番組の録画も可能な「iVDR-S」です。また、カートリッジのサイズも一種類ではなく、テレビやレコーダーなどで広く採用されている標準タイプのほかに、小型の「miniタイプ」と標準タイプより一回り大きい「EXタイプ」が規格化されています。
 ちなみに「iVDR-S」は、デジタルテレビやデジタルオーディオ向けのコンテンツ保護技術「SAFIA(Security Architecture For Intelligent Attachment device)」に対応しています。この技術を利用することで、コピープロテクトが施されたハイビジョン番組も問題なく録画できるのです。マクセルのカセットハードディスク「iV」も、もちろんこの「iVDR-S」タイプです。
 新しい記録メディアについては、互換性や将来性も気になるところですが、この点についてもiVDRは大きなアドバンテージを備えています。2009年10月に、国際標準化機構であるISOと国際電気標準会議IECのジョイント技術委員会により、標準タイプのiVDRカートリッジ規格が国際標準規格「ISO/IEC 29171」として認証され、11月9日に規格書が発行されました。将来iVDR-Sのロゴが入ったカートリッジであれば、世界中どこのメーカーの機器でも再生することが可能になるかもしれません。
コンテンツ保護技術に対応。国際標準規格だから互換性・将来性もバッチリ
マクセルのカセットハードディスク「iV」。iVDR-S対応なので、どのメーカーのテレビ/レコーダーでも番組録画・再生に活用できる。
 
対応機器・録画時間はこちら >>
ご購入はこちら >>

ページトップへ戻る

MAXELL NAVI