BD/iV NAVI

  • Enjoy MEDIA Top
ダブルiVスロット搭載の新・アイヴィブルーに注目! ~Part2~ ホームネットワーク機能で便利さアップ! ホームネットワーク機能を使ってみよう
ホームネットワーク機能で便利さアップ! ホームネットワーク機能で便利さアップ!
他のデバイスとネットワークで連携
 前回の記事では新機能の「お好み録画」を取り上げましたが、新・アイヴィブルーにはその他にも数多くの便利機能が備わっています。その一つが、他の部屋に設置されたテレビやパソコン、スマホなどのデバイスとの連携を実現する「ホームネットワーク機能」です。
 家電店などの店頭に並んでいるテレビやレコーダーを見てみると、「DLNA」「DTCP-IP」という技術に対応した製品が見受けられます。一見なにやら難しそうな単語ですが、その意味するところは非常にシンプル。これらの技術に対応した機器同士であれば、ホームネットワークを介してリモート再生やダビングなどの操作が行えるのです。新・アイヴィブルーもこの技術に対応していますので、「リビングのレコーダーで録画した番組を自分の部屋で楽しみたい」「他のレコーダーで録画した番組を別のレコーダーに保存したい」といったことがカンタンに実現できます。ここではその特長をまとめてみましたので、ぜひチェックしてみて下さい。
他のデバイスとネットワークで連携
新・アイヴィブルーのホームネットワーク機能を活用すれば、テレビ、レコーダー、パソコン、スマホなど、様々なDLNA/DTCP-IP対応機器との連携が行える。
特長1 視聴も配信もOK
 DLNAにはコンテンツ配信を行う「サーバー機能」と再生を行う「クライアント機能」がありますが、新・アイヴィブルーはどちらにも対応。アイヴィブルーに録画された番組を離れた場所のテレビなどで再生できるのはもちろん、他のレコーダーに録画された番組をアイヴィブルーで再生することもできます。
特長1 視聴も配信もOK
特長2 ダビング機能も強力
 新・アイヴィブルーは、他のDLNAダビング対応レコーダーとのダビング/ムーブにも対応。しかも、さらにご注目頂きたいのが、通常であれば接続したテレビでしか見られないUSB外付けHDDに録画した番組のダビングにも対応している点です。お使いの機器が「DLNAムーブOUT」対応であれば、そこに録画された番組も新・アイヴィブルーへダビングできるのです。これで「外付けHDDを接続したテレビが故障したらどうしよう…」といった悩みもスッキリ解消できます。
特長2 ダビング機能も強力
特長3 スマホ/タブレットでの持ち出しも可能
 家庭で録画しておいた番組を外で楽しみたい。そんな時に役立ってくれるのが、スマホ/タブレット連携機能です。手持ちの端末に番組持ち出しに対応したDLNA/DTCP-IPクライアントアプリをインストールすれば、新・アイヴィブルーに録画した番組をダビングして持ち出すことが可能。毎日の通勤・通学や旅行の移動中など、幅広いシーンで役立ってくれます。
特長3 スマホ/タブレットでの持ち出しも可能
特長4 ワイヤレス接続にも対応
 新・アイヴィブルーはLANケーブルを利用した有線接続だけでなく、Wi-Fiによるワイヤレス接続にも対応。家庭内にWi-Fi対応ブロードバンドルーターや無線LANアクセスポイントなどを設置されている方なら、面倒な配線作業を行うことなくホームネットワーク機能を利用できます。BIV-TW1000は無線LANも内蔵していて、より便利です。
特長4 ワイヤレス接続にも対応
ネットワークにつないでみよう
 それでは、新・アイヴィブルーをネットワークにつないでみましょう。先にも触れた通り有線・無線のどちらでも接続は可能ですが、ここではWi-Fiによるワイヤレス接続の方法をご紹介します。
1.設定画面を開く
1.設定画面を開く
リモコンの「ホーム」ボタンを押してホームメニューを表示させ、「設定」ボタンを選びます。
2.無線LANを選択する
2.無線LANを選択する
2.無線LANを選択する
「本体設定」を選んで設定画面を開き、「ネットワーク設定」→「ネットワーク接続設定」→「無線LAN」と選んでいきます。
3.接続モードを選ぶ
3.接続モードを選ぶ
接続モード選択画面が表示されますので、任意の方法を選んでください(ここでは「無線LAN自動検出」を選んでいます)。
4.アクセス先を指定する
4.アクセス先を指定する
4.アクセス先を指定する
検出されたアクセスポイントの一覧が表示されますので、接続したいSSIDを選択。さらにアクセスポイントのセキュリティキーをリモコンで入力して「決定」ボタンを押します。
5.設定完了
5.設定完了
5.設定完了
5.設定完了
後は設定内容を確認し、設定モードで「自動設定」を選んで作業は完了です。Wi-Fi接続が行えたらメッセージが表示されますので、「決定」ボタンを押して下さい。
※ホームネットワーク機能をお楽しみいただくには、DTCP-IPに対応した機器とホームネットワークで接続が必要です。
すべてのホームネットワークで動作を保証するものではありません。

ページトップへ戻る

MAXELL NAVI