Audio NAVI

  • Enjoy Audio Top

Wハイブリッド構造を採用したカナル型ヘッドホン「MXH-DBA900」で、もっと豊かな音楽体験を

Wハイブリッド構造を採用したカナル型ヘッドホン「MXH-DBA900」で、もっと豊かな音楽体験を

ヘッドホンにもこだわりたい!

 携帯音楽プレーヤーやスマートフォンで音楽を楽しむ際に、欠かせないアイテムであるヘッドホン。おそらく誰もが一本は持っているであろう定番アイテムですが、最近ではファッション性に富んだもの、高音質で楽しめるものなど様々なタイプの製品が発売されています。ヘッドホンにこだわる人も多く、複数の製品を所有されている方もいるようです。
 では、自分にぴったりのヘッドホンを選ぶ際に重要視することは何でしょう? 「重低音をしっかり聞きたい」「繊細な音をしっかりと奏でて欲しい」など、人によって好みも様々です。「原音主義」を掲げるマクセルでは、こうした幅広いニーズにお応えすべく多くの製品開発を行っていますが、今回はその中からWハイブリッドで話題の新製品「MXH-DBA900」をご紹介しましょう!
ヘッドホンにもこだわりたい!
音楽をいい音で楽しむために、自分の好みに合ったヘッドホンを選ぼう。

Wハイブリッド構造で、高い音響バランスを実現

Wハイブリッド構造で、高い音響バランスを実現

 お気に入りの音楽をもっといい音で楽しみたい。そんな方に自信を持ってオススメしたいのが、マクセルのカナル型ヘッドホン「MXH-DBA900」です。マクセルこだわりの音響製品を象徴するシンボルマーク「m(エム)」を冠している通り、このモデルには高音質を実現するための工夫が随所に盛り込まれています。
 その特長のひとつが、BA(バランスド・アーマチュア)型ドライバとダイナミック型ドライバを組み合わせた「ハイブリッド・ドライバ」です。高音域に強いBA型ドライバをポート近傍にストレートに配置することで、解像度の高い繊細な高音再生を実現。また、後方斜めに配置されたダイナミック型ドライバが、豊かで迫力ある中低音を生み出します。異なる特性を備えた2種類のドライバをそれぞれ適切な場所に配置することで、高音から中低音まで高い音響バランスを実現しているのです。
 また、もう一つの大事な要素が、二種類の素材で構成される「ハイブリッド・ボディ」です。高剛性アルミニウム+ABS樹脂の組み合わせによってヘッドホン本体の不要な共振を抑え、透明感の高い音響再生を実現。このドライバとボディの2つの「ハイブリッド」が、MXH-DBA900の高音質のヒミツというわけです。
 MXH-DBA900を手に入れたら、ぜひ聴きなれたお気に入りの曲を聴いてみてください。きっと、今までは他の音に埋もれて分かりにくかったような音もクリアに聴こえて驚かれることでしょう。
Wハイブリッド構造で、高い音響バランスを実現Wハイブリッド構造で、高い音響バランスを実現
特性が異なる2種類のドライバを適切な場所に配置することで繊細な原音再生を実現。

ページトップへ戻る

MAXELL NAVI